医薬品による反応に注意 | 危険な薬物からドラッグテストキットで身を守ろう
menu
ドラッグテストキットの購入はこちら>>

医薬品による反応に注意

危険な薬物からドラッグテストキットで身を守ろう

ドラッグテストキットを使用して薬物の反応を調べる際、人によっては何も違法な薬物を使用していないのに薬物反応が出てしまった……という風に驚く人もいるかもしれません。
そのような人は、もしかしたら病院で処方してもらっている医薬品……それが原因で薬物反応が出てしまっている可能性があります。

それは一体どういうことなのかというと、実は心療内科などで処方される医薬品……例えば抗うつ剤や抗不安剤と呼ばれるような医薬品の中には、覚せい剤などの医薬品を使用した時と同じような作用があるものが存在していたり、医療用覚せい剤と呼ばれる物も存在しているのです。
そのような医薬品というのは、成分的には違法薬物である覚せい剤などとほぼ変わりがなく、ドラッグテストを行った際に陽性反応が出てしまうようなものも存在しているのです。
なので、もし病院でそのような医薬品を処方してもらっており、服用している際にドラッグテストを行って陽性反応が出てしまう……というのは、ごく当たり前のことなので、知らず知らずのうちに違法な薬物を……と思い悩まないようにしましょう。

また、何かしらの理由によって警察や医療機関でドラッグテストを行う事になった際に、もしそのような医療用覚せい剤を服用しているのであれば、検査前に警察官や医師などにそのような医薬品を服用している……というのを伝えておくようにしましょう。
そうしないと、検査後にそのまま警察に違法薬物の使用や所持で逮捕もしくは事情聴取を受けることになる可能性があります。