テストキットの使い方 | 危険な薬物からドラッグテストキットで身を守ろう
menu
ドラッグテストキットの購入はこちら>>

テストキットの使い方

危険な薬物からドラッグテストキットで身を守ろう

危険な薬物などを誤って服用していないか……という事を調べることが出来る、非常に有り難い物……それがドラッグテストキットです。
このドラッグテストキットを使用し、自分が普段から服用している医薬品の中に危険な薬物が混入していないか……というのを調べたいと思った時には、まずはじめに知るべきことがあります。
それは何かというと、ドラッグテストキットの使用方法です。

と言っても、このドラッグテストキットの使用方法というのは非常に簡単です。
まずはじめに、清潔な容器に尿を出し、それをしばらく放置して室温まで冷まします。
そして、その後テストキットのパッケージを開封し、その中からサンプルキットと呼ばれるものを取り出します。
このサンプルキットの温度がもし室温よりも高い、若しくは低い場合には室温になるまで一旦放置し、室温になった後は尿の中にサンプルキットを浸し、その後サンプルキットの付属しているカバーを取り付けます。
そしてそのまま10分ほど待っていると、サンプルキットに赤いラインが浮かび上がってくるので、それを見て違法な薬物が体内にあるかどうか……というのを調べます。

もしサンプルキットに記載されているCとTという部分どちらにもラインが現れている場合は陰性、Cと記載されている部分にだけラインが入った場合は陽性となります。
なので、もし使用後陽性反応が出てしまったのであれば、現在自分が使用している医薬品やサプリメントを持ち、すぐさま警察へと行き、医薬品を購入したサイトの情報とどの薬から薬物反応が出たのか……というのを伝え、違法な薬物を販売しているサイトの検挙に協力するようにしましょう。